こんなにあった!汗がニオう生活習慣とは?

Refre Care Inc リフレケア

商品の取扱い企業を募集しております。

コラム

こんなにあった!汗がニオう生活習慣とは?
こんなにあった!汗がニオう生活習慣とは?


夏は一年で一番汗をかきやすい季節、普段以上に汗ジミやニオイが気になるものです。
しかし、ワキ汗をはじめとする汗のニオイは、生活習慣やちょっとした心がけで改善できる部分もあるのです。

ここでは、汗のニオイを改善する生活習慣を紹介します。

そもそも何故汗がニオうのか

人間は汗腺という場所から汗をかきます。
この汗腺にはエクリン腺とアポクリン腺の2種類があります。

エクリン線・・・全身に分布している小さな汗腺。ここから出る汗は、サラサラしていてほとんどにおわない。
アポクリン腺・・・わきの下や生殖器など、カラダの一部にだけある大きな汗腺。粘り気のあるニオイの強い汗が出る。

エクリン腺からでる汗は、ニオイの無いサラサラの汗なのですが、現代人は汗をかく機会が少ないため、汗腺の機能が衰えてエクリン腺から出る汗もニオイを発しやすくなるのです。

食事を見直す

・動物性タンパク質や脂肪類を減らす
肉やバター、チーズなどには体臭の原因となる動物性タンパク質や脂肪が多く含まれます。
動物性タンパク質や脂肪はわき汗のニオイだけでなく、ワキガの発生も促してまいます。

・高カロリー、高塩分の食事を控える
これらの食事も、汗腺を刺激します。

・緑黄色野菜をとる
緑黄色野菜に含まれているビタミンAは、わき汗のニオイの原因のひとつである活性酸素を除去します。
ビタミンCやビタミンEにも同様の作用があるので、積極的にとりましょう。

また、わき汗のニオイの要因のひとつに便秘もあげられます。
緑黄色野菜などに含まれる食物繊維を摂り、便秘の解消を目指しましょう。

・アルコールをひかえる
アルコールを大量に摂取した後は、体温が必要以上に上昇し、汗と一緒にニオイ成分が毛穴から分泌されてしまいます。
唐辛子など辛い食品、にんにくなどの香りの強い食品も同様です。

・カフェインをひかえる
コーヒーやお茶に含まれるカフェイン。
これらを過剰摂取してしまうとと汗が出やすくなります。

生活習慣を見直す

・水分摂取は大切 汗をかきたくないからと言って水分を控えることは避けましょう。
水分を控えると、逆に汗のニオイがきつくなってしまいます。
また水分補給をしないことは、脱水症状や熱中症の原因にもなります。

・タバコはやめる
タバコにはアンモニアやニコチンをはじめ約4000種類ものニオイ物質が含まれています。
これらは体内で分解されにくく、汗と一緒に出てニオイます。

・規則正しい生活
生活リズムが乱れると、汗腺を含めた体のバランスも乱れます。
食事は1日3食、適度な量とバランスを意識しましょう。
睡眠不足や夜更かしもご法度です。

・肥満
直接の原因ではありませんが、肥満の人は脂肪が厚いため体熱が放出しづらくなります。
このため、汗かきの人が多いのです。
また、運動不足の場合が多いため少し動いただけで汗をかいてしまうことも。

・ストレスをためない
精神的なストレスは生理機能を低下させ、多汗や皮脂分泌過多の原因になります。

汗をはやく引かせるためには?

首の後ろや脇の下などリンパが集まる部分を冷やすのが効果的です。
市販の熱冷ましを使うのも良いでしょう。

汗のニオイを解消・防止するためには、食生活をはじめ普段の習慣を見直すことが大事です。
また、冷房に当たりすぎず外の環境に慣れ、適度に汗をかくことも必要になります。

気になる靴内の汗は、リフレッシューズにお任せください!

弊社商品リフレッシューズは、紫外線灯による99.9%を越える除菌能力と、皮革にもダメージを与えない優しい温風による乾燥機能を装備。
除菌&菌を繁殖させない乾燥で、お靴を清潔に、快適に保ちます。

詳細はこちらから。

Refre Care Inc リフレケア