魚の目ができるのは「靴が合っていない」から!?

Refre Care Inc リフレケア

商品の取扱い企業を募集しております。

コラム

魚の目ができるのは「靴が合っていない」から!?
魚の目ができるのは「靴が合っていない」から!?


足の裏に固くなっている部分を見つけたら、それは魚の目ができる兆候かもしれません。

魚の目ができる原因はいくつかありますが、そのひとつに足に合っていない靴を履いていることが挙げられます。
靴が合わないとなぜ魚の目ができるのでしょうか。

魚の目とは?

魚の目とは、主に刺激を受けやすい足の裏や指の一部が固くなる症状のことです。

症状が悪化していくと、角質がどんどん厚くなり皮膚の奥深くまで侵入してしまいます。
そうなると神経を刺激し、傷みを伴うこともあるのです。

円形状に皮膚が固くなっていき、その形が魚の眼球のように見えることから「魚の目」と呼ばれています。
皮膚の深いところに芯を作り、それを取り除かなければ完治は難しいでしょう。

なので日頃から魚の目が出来ないよう、注意する事が必要です。

靴が合っていないことが原因!?

最近はデザイン性の高い靴も多く、自分の足に合っていない靴を履いている人も多いのではないでしょうか。

サイズが多少合っていなくても大丈夫と思い履いていると、幅が細すぎたりソールが薄すぎるせいで足に負担がかかってしまうのです。
ミュールやパンプスなど、ヒールの高い靴も足の先のほうに負担がかかりやすいので、魚の目が出来やすいと言われています。

足に合っていない靴を履き続けることで、足の裏の一部に負担がかかり、そこが魚の目となってしまいます。

サイズは大きすぎても小さすぎてもNG

小さすぎる靴を履いていると、足の裏や指の間などを強く圧迫してしまいます。
靴の先が細くなっていて、履くと足の指が重なるようなデザインの靴も魚の目が出来やすいとされています。

では大きめの靴を選べばいいのか、というわけではありません。

靴が大きすぎると足が靴の中で遊んでしまい、靴と接触の多い部分に強い摩擦が生じます。
摩擦によって刺激されても魚の目はできてしまうので注意が必要です。

また男性よりも、ヒールの高い靴を履く機会の多い女性や、足のサイズが変わりやすい子どもの方が魚の目が出来やすいようです。

魚の目予防は靴選びから
魚の目ができるのは「靴が合っていない」から!?

魚の目が出来やすいと感じている人は、靴が合っていない可能性があるということがわかったかと思います。

魚の目を作らないためには、まず靴選びから始めましょう。
新しく靴を購入するときには以下のことに注意してください。

まず、人の足は左右で若干の差がありますので、必ず両足で試着をしましょう。
時間帯は、夕方がおすすめです。

特に女性は夕方以降に足がむくみやすいという人もいますので、そのタイミングで試着をすることもおすすめです。

皆さんもぜひ試してみて下さい

Biontechインソールで、更にフィットした靴へ

一般的な市販の靴ですと、どうしても100%しっかりとフィットする靴を手に入れるのは、なかなか難しいもの。
Biontechインソールは、靴のフィット感を可能な限り100%へと近付けるお手伝いをいたします。 しかも、従来のカスタムインソールと異なり、お店などで採寸してもらう、などといった手間も掛かりません。
ご家庭の電子レンジで30秒チンするだけの簡単仕様。

詳細はこちらから。

Refre Care Inc リフレケア