疲れる理由は靴にあり!? 正しい靴選びで立ち仕事の疲労軽減!

Refre Care Inc リフレケア

商品の取扱い企業を募集しております。

コラム

疲れる理由は靴にあり!? 正しい靴選びで立ち仕事の疲労軽減!
疲れる理由は靴にあり!? 正しい靴選びで立ち仕事の疲労軽減!


立ち仕事をしていると、とにかく足が疲れて痛くなってきますよね。
立つ時間を減らすことはできませんが、足に合った靴を正しく選ぶと足の疲労を軽減することができるのです。

また仕事柄、パンプスでなければいけないなど、靴を選ぶことができない場合はインソールを使うという手もあります。

足が疲れない靴の選び方についてご紹介します。

足に合った靴とは?

足のサイズは長さと幅と高さがあるので、人によって形は様々です。
シューズショップで同じサイズの靴をいくつかはいてみたとき、「なんだか窮屈」「なんだかガバガバする」「しっくりこない……」 と感じるのは、靴の足の長さだけではなく、幅や高さが合っていないから。

足に合った靴を選ぶ際には自分の足の長さだけではなく、幅や高さを知っておく必要があります。
靴の幅は「EEE」や「4E」などと表現されていますが、これは幅だけでなく高さも含まれているので、数字やアルファベットが大きくなるほど、幅と高さが大きくなります。

またメーカーによって微妙に大きさが異なるので、数字だけで判断するのではなく実際にはいて確認することが大切です。

靴を選ぶポイント
疲れる理由は靴にあり!? 正しい靴選びで立ち仕事の疲労軽減!

靴を選ぶ際には、以下のポイントをチェックしましょう。
・つま先に余裕があるか
・靴の中で指を曲げた時に、靴が無理なくついてくるか
・土踏まずがフィットしているか
・トップラインがくるぶしに当たらないか
・かかと部分に指1本入る隙間があるか

ヒールも同じで、「つま先が圧迫されないか」「指が痛くならないか」「トップラインが浅かったり深かったりしないか」「かかとがパカパカせず、フィットするか」がポイントです。

またスリッポンタイプよりもストラップや靴紐がついているものや、足の甲まで深く覆ったデザインのほうがフィット感はあります。

土踏まずをサポートする

足の形は千差万別。 しかし、市販の靴は万人に合うように作られているので、足にぴったりフィットするとはいいにくいのが実情です。
でも足を靴にそれなりに合わせることができるので、履くことに不都合は生じません。
しかし実はこの「足を靴にそれなりに合わせる」という状態が、足を疲れさせる要因の一つになっているのです。

人の足の裏には土踏まずがあり、軽くアーチを描いています。
このアーチは運動不足や合わない靴などで崩れて、偏平足になることもあります。
アーチが崩れると股関節や骨盤に負担がかかり、体が歪むばかりか、足のポンプ機能が低下して疲労物質がたまり、足がだるくなり、重く感じるようになるのです。

そもそも、自分にぴったりの靴というのは、少ないもの。買った靴をそのままはいているなら、合っていない靴をはいているのと同じです。
その靴で立ち仕事をしていて足が疲れると感じるなら、土踏まずのアーチが崩れ始めている証拠です。
だから、靴の中に土踏まずをサポートするインソールを入れてアーチが崩れないようにすると、それだけで疲れにくくなります。
土踏まずだけのタイプもありますが、かかともサポートした足裏全体用のインソールもあります。

足に合った靴を選ぶことで、立ち仕事の疲労軽減をすることができます。
どうしてもしっくりこない場合はインソールを利用して、フィット感をアップさせましょう。

靴を履いていることを忘れるようなフィット感!

とはいえ、やはりインソールだけでは、完全にフィットした靴を手に入れることが難しいというのも事実。
そう、普通のインソールでは。
では、普通ではない魔法のインソールだったらどうでしょう?
Biontechインソールは、アナタの足に合わせて変形し、靴を履いていることを忘れてしまうほどのフィット感、快適さをご提供します。
しかも、電子レンジで30秒チンするだけの簡単仕様。

詳細はこちらから。

Refre Care Inc リフレケア