冬本番】タイツのニオイを防ぐ「簡単な対策法」

Refre Care Inc リフレケア

商品の取扱い企業を募集しております。

コラム

【冬本番】タイツのニオイを防ぐ「簡単な対策法」
【冬本番】タイツのニオイを防ぐ「簡単な対策法」


冬になるとタイツやブーツが手放せなくなる方も多いでしょう。

そんな冬に悩みの種となるがニオイです。年末年始は会社の飲み会などがあり、ブーツや靴を脱ぐ機会も増えますね。
その度に足やタイツのニオイが気になっていては、せっかくの機会を楽しめません。

今回は、特に冬ならではのタイツのニオイに焦点を当てて、どのような対策をとれば良いのかご紹介します!

なぜタイツが臭うの?

臭うと思われがちな汗は無臭です。
そのためニオイの原因となるものは、汗そのものではなく汗や角質を食べる菌のせいだと考えられます。

さらに、冬になると厚めの靴下やタイツを履きますね。それが汗を吸い湿気を籠らせる原因となるのです。
その湿気度合いは、10分ブーツを履くだけで湿度がMAXになる、と言われているほど。

これに加えて、冬は汗をかきにくいためニオイ対策をしている方が少ないことも要因の1つになります。
では、一体どのような対策をとれば良いのでしょうか?

具体的な冬のニオイ対策法は?
具体的な冬のニオイ対策法は?

冬のタイツのニオイを気にすることなく、快適に過ごすための対策をご紹介します。

■ブーツや靴のケアを!
ブーツや靴の中に湿気を籠らせないことが大切になってきます。
そのため、まずは通勤時の靴と社内時の靴を替えるようにしましょう。
社内で可能であれば、通気性の良いサンダルやスリッパなどでタイツの湿気を溜めないようにしてください。

また、ニオイ防止のためにブーツや靴など同じものを数日間履き続けないことも大切です。
1日履いたら次の日は陰干しする、などして菌の繁殖を抑えてニオイを作らせないようにしましょう。

さらに、靴やブーツ専用の乾燥グッズを利用してブーツや靴の中の湿気を取り除くこともオススメです。

■欠かせないのが足のケア
冬でも足裏に汗をかきます。そのため、靴やブーツだけでなく足のケアを行うようにしましょう。
特に入浴時などに洗い忘れやすいのが、足の爪の間などです。

休日など時間がある時に、フットバスでキチンと汚れを取り除いてあげるとニオイ対策に効果的です。
洗面器に41℃前後のお湯を入れて、ティートリーなどのアロマを2滴ほど入れましょう。

そこに足を10分ほど浸けるだけなので簡単です。
お家にアロマがない方は、紅茶を入れてみてはいかがでしょうか。
紅茶に含まれているタンインにより、殺菌作用が期待されるためニオイ対策になります。

一方で消臭スプレーや制汗剤などを利用してニオイ対策をすることも有効ですが、製品の種類によってニオイへのアプローチが変わります。
そのため、適切なものを選択する、他の対策法と併用するなどが大切になってきます。

タイツのニオイにお悩みの方は日々の生活に対策を取り入れて、ニオイに悩まされない冬を目指しましょう!

もっとお手軽にブーツケア!

ブーツには湿気をこもらせないことが重要。
そのために、靴を履き替えて、何足もローテーションして、陰干しして……。
なんだか、面倒ですねぇ。

それに、こういった方法では、なかなか湿気を除去しきることは難しく、
残った湿気で、菌は増殖を続けてしまう……。
そして、結局はあのニオイが発生……。

靴のあのイヤーなニオイに立ち向かうには、やはり
【原因菌の除去】
【しっかり乾燥】
【ニオイは脱臭】
この三つを全てしっかり行う必要があるのですが、面倒。

そんなアナタのお役に立ちます、リフレッシューズ!
弊社商品リフレッシューズは、紫外線灯による99.9%を越える除菌能力と、皮革にもダメージを与えない優しい温風による乾燥機能を装備。
靴を掛けてスイッチポン、の簡単操作で除菌&乾燥&脱臭を同時にこなす、業界唯一の商品!
これならきっと、続けられます。

詳細はこちらから。

Refre Care Inc リフレケア