角質がポイント! 足湯でニオイ対策3つの方法

Refre Care Inc リフレケア

商品の取扱い企業を募集しております。

コラム

角質がポイント! 足湯でニオイ対策3つの方法
角質がポイント! 足湯でニオイ対策3つの方法


「靴を脱ぐとニオイが……」何てことありますよね。
もしくは、「人前で靴を脱ぐなんて絶対無理!」という人はいませんか?

けれど、くさ~い足のニオイは足湯で解消することができます。
足湯は足のニオイを改善できるだけでなく、体全体をポカポカ温めて安眠効果があるなど、いろいろな作用があるのでおすすめですよ。

足のニオイの原因は?

足のニオイの原因は、汗や角質、雑菌です。
汗が出て角質が増えると、そこに雑菌が繁殖し、その雑菌の分解物であるイソ吉草酸(イソきっそうさん)が発生します。
そのイソ吉草酸が、足のニオイの原因となります。

ニオイを解消するためには、そのイソ吉草酸を取り除くということが必要不可欠ですが、洗っても落ちにくいという厄介なものなのです。

足のニオイ改善に効果的な足湯の方法は?
扁平足はヤバイ? 土踏まずの重要性と扁平足の影響

ただのお湯をはって足湯をしても、足のニオイにはあまり効果がありません。
足のニオイを解消するには、足湯にあるものをプラスすることをおすすめします。

1. 酢を使った足湯
酢の中に含まれているクエン酸は除菌と消臭効果があるので、酢を使った足湯はおすすめです。
消臭には竹酢や木酢が有名ですが、食用の酢を代用しても大丈夫です。
酢を使った足湯を行う場合に気を付けることは、換気をしながら行うということです。

足湯は40℃位の温度に酢を垂らすので、酢が目にしみる可能性があります。
食用の酢を使った足湯がツライという場合は、竹酢や木酢の方が快適に足湯を行うことができます。
酢の足湯に足をつけて温まったら、少し揉みながら指や爪の間の汚れを綺麗に取り除きましょう。
爪の間も殺菌することができるので、水虫の予防にもおすすめです。

2. 重曹を使った足湯
いくら洗っても足のニオイがとれないという人には、重曹を使った足湯がおすすめです。
重曹は弱アルカリ性で消臭効果があるため、酸性である「イソ吉草酸」に効果を発揮するのです。
重曹を使った足湯の方法は、お湯をはった洗面器に、小さじ1杯程度の重曹を加えて混ぜるだけです。
10~15分程度足をつけると効果的です。

足のニオイを重曹で解消する原理は、ニオイの原因である酸性のイソ吉草酸をアルカリ性の重曹で中和することで、ニオイの元を退治します。
重曹足湯をすると角質もきれいに取れるため、足のニオイを解消するだけでなく、ザラザラの角質が取れてツルツルになります。
重曹は百円均一でも手に入れることができますし、経済的でおすすめです。

3. 酢+重曹で足湯
単品でも十分足のニオイ解消に効果を発揮する酢と重曹ですが、二つを組み合わせるとダブルのパワーで足のニオイを撃退することができます。
重曹足湯にお酢を小さじ1杯入れるだけです。
お風呂上りは足の角質がふやけて取れやすくなっているので、足湯をするにはベストタイミングです。

足のニオイに対してコンプレックスを抱えている人も多いです。
家で簡単にできる足湯で、ニオイを改善できるなんて簡単で嬉しいですよね。 ぜひ、試してみてくださいね。

足のニオイは足湯。靴のニオイはリフレッシューズにおまかせ!!

足湯で日々の疲れも、気になる足のあのニオイもスッキリ。 ニオイの元であるイソ吉草酸は、雑菌が足の角質を分解した際の、いわば副産物として発生します。
ということは、日々の汗のムレがこもり、足の角質などの老廃物が落ちて残ってしまいがちな靴の中も……?
そう、誰もが一度は経験のある、靴の中のあのニオイも、そこに繁殖する雑菌とそこから生まれるイソ吉草酸が原因なんです。
こうなったら、足と一緒に靴の中もスッキリしてしまいませんか?

弊社商品リフレッシューズは、紫外線灯による99.9%を越える除菌能力と、皮革にもダメージを与えない優しい温風による乾燥機能を装備。
靴を掛けてスイッチポン、の簡単操作で除菌&乾燥&脱臭を同時にこなす、業界唯一の商品!

詳細はこちらから。

Refre Care Inc リフレケア