ニオイの原因!? 足が蒸れやすい靴とは?

Refre Care Inc リフレケア

商品の取扱い企業を募集しております。

コラム

ニオイの原因!? 足が蒸れやすい靴とは?
ニオイの原因!? 足が蒸れやすい靴とは?


足が臭ってしまう原因のひとつには、蒸れやすい靴であるか否かが関係しています。
なぜなら足が蒸れると菌が増殖して、ニオイが発生しやすくなってしまうからです。
そこで足のニオイを抑えるためには、足が蒸れにくい靴を選ぶ必要があります。

靴を選ぶ際には、蒸れやすいかどうかを把握することで足のニオイを気にせずに快適な時間を過ごすことができますよ。
今回は、足が蒸れやすい靴を紹介していきます。

ぜひ毎日の靴選びや靴購入時の参考にしてみてください。

1.本革の靴よりも合皮の靴が蒸れやすい

本革の靴と合皮の靴を比べると、合皮の靴の方が蒸れやすいです。
合皮は完全に空気を通さず、熱を逃がしにくいため、高温多湿になりやすいです。
靴の中が高温多湿になると、足が蒸れやすく、雑菌が繁殖してしまうため足のニオイが強くなります。
合皮の靴は安価であるということが魅力ですが、履き心地を優先するのであれば、本革の靴がおすすめです。

本革の靴は人間の肌に毛穴があるのと同じように、無数の小さな穴が開いています。
その穴から空気が出入りするので、通気性が良く湿気が逃げやすいので、蒸れを解消することができるのです。
また本革は柔らかく自分の足の形にフィットするので、長く愛用することができ、靴による足の疲れを軽減させることができます。

2.「布製の靴、サンダル、スリッパ」のなかで1番蒸れやすいのは、布製の靴!
ニオイの原因!? 足が蒸れやすい靴とは?

サンダルやスリッパは密閉されている部分が少ないので、湿度がたまりにくいので、蒸れにくいということが特徴です。
足に汗をかきやすい夏は、サンダルやスリッパで過ごすと足のニオイに悩まされずに快適に過ごすことができます。

また、冬でも足の裏は汗をかくので、職場にいる時はできればサンダルやスリッパなどで過ごすことをおすすめします。
このようなサンダルやスリッパよりも蒸れやすい靴は、布製の靴です。
布繊維の隙間からしか靴の中の空気が出入りできないので、蒸れやすくなります。

靴を選ぶときには、蒸れにくい靴の素材を頭に入れておき、素材選びを行うようにしましょう。
通勤時や通学時に革靴を履いたとしても、目的地に到着してからサンダル、難しい場合は蒸れにくい素材の靴に履き替えるなどすれば、足の蒸れを最小限に抑えることができますよ。

足のニオイにお悩みの場合は、ぜひ靴の素材にも注目して選ぶようにしてみてくださいね!

どうしても避けられない、靴のムレ。おまかせください!

ムレにくい靴を選ぶことで、あのイヤーなニオイも防ぐことができる。
でも、仕事に行くとなれば、女性ならパンプス、男性ならビジネスシューズと、履く靴を選べないことも多いですよね。
そんな時はどうしましょう。
職場では履き替える?
帰ったら新聞紙でも入れておく?
靴をたくさんそろえておいて、ローテーションで履く?

……なんだか、面倒ですね。
仕事やお出かけで疲れて帰宅したら、ワンタッチで靴をしっかり乾燥、リフレッシュしてくれるようなアイテムがあれば……

それ、ありますよ。

弊社商品リフレッシューズは、紫外線灯による99.9%を越える除菌能力と、皮革にもダメージを与えない優しい温風による乾燥機能を装備。
靴を掛けてスイッチポン、の簡単操作で除菌&乾燥&脱臭を同時にこなす、業界唯一の商品!

詳細はこちらから。

Refre Care Inc リフレケア