冬場は要注意!部屋のウイルスを軽減する方法とは?

Refre Care Inc リフレケア

商品の取扱い企業を募集しております。

コラム

冬場は要注意!部屋のウイルスを軽減する方法とは?
冬場は要注意!部屋のウイルスを軽減する方法とは?


冬場はウイルスに感染しやすい季節。

外で感染することが多いウイルスですが、実は部屋にも感染リスクが潜んでいるのです。
冬場特に注意したい、部屋のウイルス対策を紹介していきます。

■帰宅後すぐのウイルス対策

ウイルスは外から侵入してきます。
ウイルスに感染した手であちこち触ったり、咳やくしゃみをすることでウイルスを蔓延させてしまうのです。
帰宅したら、まずはうがいと手洗いを行いましょう。
手洗いは、指の間やシワなどまで行き届くように、念入りに石鹸を使って行います。

また、気をつけなければならないのが衣類に付着したウイルスです。
家に入る前に服を手ではらい、帰宅したらアルコール入り消臭剤などで衣類に付着したウイルスを落とすようにしましょう。

■部屋を加湿する

ウイルス感染が冬場に増えるのは、気温が低く空気が乾燥していることと関係しています。
また空気が乾燥していると咳やクシャミによる唾液の飛散率が高まり、ウイルスが飛び散りやすくなってしまうのです。
部屋のウイルスを軽減するためには、部屋を暖め、加湿を行うことが重要です。

暖房やストーブをつけ、加湿器を使用して部屋の湿度を調節するようにしましょう。
人間の体に一番良い湿度は65%前後だと言われていますので、65%前後を目安に設定することをおすすめします。

■除菌

除菌を行うことで、ウイルスや細菌を取り除くことができます。
積極的に除菌を行いたいのは、家族で共有する食器や調理器具、バスマットやタオルなどです。

またカーテンやドアノブ、トイレやバスルームなども除菌を行うようにしましょう。
家族だけでなく、来客が訪れた場合にもクリーニングを行うよう心がけましょう。

■玄関の汚れにも注意

玄関は細菌やウイルスが侵入しやすい場所。汚れが溜まりやすいため、こまめな掃除と除菌を行うことが大切です。
また、見落としがちなのが靴の汚れ。靴の中には人の汗や皮脂が付着し、熱がこもるため細菌が繁殖しやすいのです。
そのため、靴の除菌も忘れずに行うようにしましょう。
空気がこもりやすい下駄箱は、時々扉を開けて換気を行うことが大切です。

また脱いだ靴はすぐに下駄箱に入れずに、1時間ほど置いて乾燥させてから入れるようにしましょう。

■除菌の方法は?
冬場は要注意!部屋のウイルスを軽減する方法とは?

除菌は、窓を開けて換気をしながら行います。
マスクと手袋、エプロンを身に着け肌に薬剤が付着しないよう注意しましょう。
除菌に効果的なのが、次亜塩素酸ナトリウム入りのスプレーです。スーパーなどで購入することができます。
食器などは熱湯を入れたボウルなどに浸すことでも殺菌をすることができます。
除菌が完了したら、手洗いうがいをしっかりと行ってください。

家は体を休める場所です。
しかし室内にウイルスが蔓延してしまうと、休めるどころかかえって体調を悪化させてしまいます。
ウイルスが部屋に侵入しないよう心掛け、こまめに掃除と除菌を行うようにしましょう。

自然の力で、お部屋の空気丸ごとリフレッシュ!

冬は、その乾燥のために病原菌の脅威も増す季節。
その対策は、基礎の基礎である【手洗い、うがい】に始まって、実にさまざまです。

上述のように、お部屋の中の除菌も徹底するのも大切ですが、これをこまめに行うのって、大変ですよね……。
冬は寒いですし、窓を開けて行うのもちょっと億劫。

では、こんな方法はいかがでしょう。

植物は皆、フィトンチッドという成分を枝や葉から発散しています。
これは、植物が虫などの外敵から身を守るために発散されているもので、ウィルスや菌などを除去する力も持っています。

更に、ニオイの原因物質を直接分解する力もありますので、お部屋にこもったニオイを除去することにも使えます。

弊社商品フィトンエアーは、このフィトンチッドを溶液にしたものをミストとして放出することで、
広い空間の除菌や脱臭を行うことのできるアイテムです。

また、このフィトンチッドは、森林浴によるリラクゼーション効果の源でもありますので、
空気をリフレッシュしつつ、同時になんとお部屋の中で森林浴をすることが可能な商品なのです。

どこかで聞いた宣伝文句などで謳われているような、【なんとなく森っぽい香り】で誤魔化すようなものではなく、
植物が生み出すフィトンチッドによる、正真正銘の森林浴。
体感してみませんか?

詳細はこちらから。

Refre Care Inc リフレケア